ペインゲート

PAINGATE狂悦縄極をレビュー【ペインゲート】

作品名 PAINGATE狂悦縄極
出演者 月野ゆりあ・ミラ狂美
動画再生時間 127分10秒
メーカー SCRUM
レーベル スクラム
作品ページ PAINGATE狂悦縄極

PAINGATE狂悦縄極をレビュー

月野ゆりあとミラ狂美が過激なSMプレイに挑戦。ルックスもよく清楚な感じの月野ゆりあが、これからミラ狂美にどんな仕打ちをされるのかと思うと楽しみだ。まずは手を拘束されていく。

吊るされてからの腹パンはひどい。

月野ゆりあの後ろに回って股にロープを食い込ませる。

吊るされた状態での電マ責め。パイパンに電マを当てられても、声が出せないように口は塞がれている。

ロープで四肢を縛られた状態で吊るされて、陰部を責められる。

逆さ吊りからの鞭打ち。白い肌が段々と赤くなっていく。

窒息責めで月野ゆりあは死への恐怖を味わうことに。

体に有刺鉄線や鎖を巻き付けられて、スタンガンで電流責め。本気で嫌がる月野ゆりあの表情が良い。顔が引きつって嫌がる姿が見れる。

この作品の一番の見所は、有刺鉄線を体に巻かれた後のスタンガンによる電流責めだ。本気で嫌がる月野ゆりあの顔がすばらしい。

動画はこちら
PAINGATE狂悦縄極

PAINGATE狂悦縄極の基本情報

PAINGATE狂悦縄極には2種類の画質から選ぶことができます。SD画質は2.77GB、LD画質は964MBです。

PAINGATE狂悦縄極はDUGAで購入することでき、購入後にダウンロードしたPAINGATE狂悦縄極は、DUGAを退会しても視聴し続けることができます。

ビットレート 3,000kbps
解像度 864×480pixel
画質 SD画質、LD画質
プロテクト DRMフリー
ファイル形式 MP4(H.264/AVC)
価格 6000円(税込み)

PAINGATE狂悦縄極のサンプル動画は以下で確認できます。

PAINGATE狂悦縄極の口コミ評判

今までのペインゲート作品に比べると、正直責めの内容が乏しいです。電マや焦らしプレイばかりで、責めるプレイ内容は少なかったのが残念です。出演している女性がパイパン貧乳で好みでしたが、プレイ内容に拍子抜け。もっと針や釘打ちなど過激なプレイを見せてほしかった。

出演している女性はルックスも好みで、プレイ内容もよかったです。しかし最後のスタンガン責めの時に何故か今まで全裸だった女性がパンツを履いている。何故全裸ではないのか。そこだけがマイナスポイントでした。

女優さんは可愛いのにここまでハードな責めを受けるのかという位、過激なプレイを見ることができて満足です。吊るされて火花やバーナーを浴びせられたり、ビンタやキックなど暴力を振るわれているのも見所でした。中でもスタンガンで電流責めされているシーンはよかったですね。体に巻かれた有刺鉄線にスタンガンを当てられるのですが、その時に本気で嫌がる女性の表情がたまらない。涙も出て演技ではない本気の嫌がる姿がこの作品で堪能できます。

中途半端な有料のSM動画を買うよりも、ペインゲートの作品を購入した方が個人的には楽しめます。この作品も可愛らしい女性が男性からこれでもかという位に責められていく姿が興奮します。口に画鋲を入れられて、そのまま口をガムテープで塞がれてビンタされるなど鬼畜過ぎます。陰部にも画びょうを入れられてパイパンがどんなことになっているのか想像するだけでたまりません。またこの作品では女性が嘔吐するシーンがあるため、嘔吐シーンが見たい私には最高でした。

ミラ狂美と月野ゆりあがタッグを組んで、過激なSMプレイを演じている。吊るされて鞭打ちされたり叩かれたり、火花を当てられたりなど、鬼畜外道というような過激なSMプレイを見れて満足。ここまで激しいSMプレイは他の動画では見れないため、購入しても損はなかった作品。ちょっと値段は高いが。個人的には針で刺したり、縫い合わせるような過激なプレイも見たかったが、この作品にしかない魅力もあるので、後悔はない。

黒髪ロングの清楚系の女性に、平気で腹パンしたり、スタンガンを当てるなどさすがペインゲートというべきでしょう。ミラ狂美の鬼畜な責めの様子を見ることができました。電マでの責めもよかったですね。ペインゲートには電マ責めはあまりないので、電マ責めを見たい時にはこの作品が良いです。

月野ゆりあがミラ狂美の鬼畜責めに挑んだ今作では、ミラ狂美の徹底した責めが見れる。ルックス値はかなり高めの月野ゆりあに、口内画鋲責め、デルタ地帯画鋲責め、乳首ペンチ潰し、吊り、有刺鉄線緊縛、窒息責め、スタンガン電流責め、火炎放射責めなど過激SMのオンパレード。しかし責めのハードさはいつもの7割程度だったのが少し残念。全体的にはよくできている作品だった。

PAINGATE狂悦縄極はペインゲートの入門作品には良いかもしれません。ハードなSMプレイですが、他のペインゲート作品よりもそこまで過激ではない印象です。それでもスタンガン責めや火花を下からかける、窒息責めなど普通のSM動画では見れない過激なプレイばかりですが。しかし流血シーンはほとんどないので、血が苦手な方でも十分見れるレベルです。ペインゲートといえば流血シーンが多いため、そこら辺がかなり緩和された作品といえるでしょう。もっと過激さを求めたい人には若干満足できない内容かもしれません。

PAINGATE狂悦縄極

  • この記事を書いた人

須藤悶太

SM動画が好きで動画のレビューを始めた須藤悶太です。 鞭打ちや蝋燭責め、電流責めなどハードなSM動画を紹介しています。 当ブログでは広告や騙しリンクはないので、1クリック詐欺やウイルス感染の危険性はありません。

-ペインゲート